BOOTH

出展ブース

  • HOME
  • 出展ブース

メイン会場にフェスティバルゾーン出現!

メイン会場・奥伊勢フォレストピアには、一般来場者もフェスティバル気分をお楽しみいただけるさまざまなブースが出店。
アウトドアショップ、飲食グルメから、大人から子どもまで楽しめるワークショップまで盛りだくさん!
来場無料なのでお気軽にお越しください。

  • 飲食・物販ブース
  • 体験ブース
環境保全費ご協力のお願い

大台アウトドアフェスティバルでは環境保全費のご協力をお願いしています。たくさんのアウトドア愛好家に大台町へ遊びにきていただき、自然を利用して遊ぶとともに自然の保護保全にご協力いただく。そんな人と自然の共生をめざすシステム設立への賛同・ご協力をお願いいたします。

  1. 会場にて環境保全費(1,000 円)を寄付(任意)
  2. リストバンドをお渡しいたします
  3. 大台町の自然環境保全活動賛同者(2017 年度)として、リストバンドをつけて何度も大台町へ遊びにきてください。

人と自然。
理想の関係のために

本大会が開催される大台町はユネスコ エコパークの町です。現在、世界 120 か国 669 件(2016 年 3 月現在)がユネスコエコパークに登録されていますが、日本の登録件数はまだ 7 件。そのひとつが、大台町を含む「大台ヶ原・大峯山・大杉谷 ユネスコエコパーク(http://ooobr.jp/)」です。

ユネスコ世界遺産が登録地の景観や環境の保護を原則とするのに対し、ユネスコエコパークは自然環境を守りつつも上手に活用し、自然と人間社会の共生に取り組む地域を認定するものです。

大台町の人々は昔から、原生の自然が保たれた山々と、山から湧き出た清流宮川を愛し、その恵み生かしてきました。嬉しいことに近年、大台町の豊かな自然に魅せられたアウトドアファンが多くこの町を訪ねてくれます。
しかし一方で、乱利用による環境悪化を心配する声も聞かれるようになってきました。

大台町では現在、アウトドアフィールドを持続的に保全・活用できる仕組みを検討しています。そして大台アウトドアフェスティバル 2017 を、大台町の環境保全活動のきっかけになる大会としたいと考えています。

人と自然がともにある暮らしや、マナーをもってアウトドアを楽しむことに共感いただける方々と、私たちはつながりたいと思っています。人と地域の幸福をつなげ、真の豊かさを未来へと伝えることが本大会の理念です。
どうぞ本大会をきっかけに、奥伊勢大台町のファンになってください!

皆様のご協力を、心よりお願い申し上げます。